• WEB予約
  • 無料相談・資料請求
  • 問診票ダウンロード

045-572-0008

menu

ブログ

タイトルBG

インプラント治療は痛い?痛みのピークや痛みの原因・対処法まで解説

皆様こんにちは!
横浜市鶴見区にありますインプラントのヴェリタスインプラントサロン横浜歯周病治療のうえの歯科医院歯科助手・管理栄養士の高岡です。

インプラントに興味があると思っていても、痛みが心配…手術は怖い…と不安がある方も多いのではないでしょうか。
インプラント治療をするとなると外科的な処置が必要になるため、どのくらい痛いのか…どのくらい身体に負担がかかるのか…予め知っておきたいですよね。
今回はそんなインプラント治療の痛みのピークや原因、対処法をお伝えします!

 

 

 

インプラント治療で感じる痛み

インプラント治療で痛みが出るタイミングとしては、【インプラント体】という歯の根っこの代わりとなる金属を骨に埋め込む時です。

その埋め込む手術中やその後に痛みを感じることがあります。

それぞれ詳しくみていきましょう。

手術中

外科的な処置ときくと、痛いのではないかと不安になる方も多いかと思いますが、手術中は麻酔によりほとんど痛みを感じません。手術中に麻酔が切れてしまうということもほとんどないため、安心してください。

ただ麻酔注射をする時のチクッとする痛みや、緊張で痛く感じてしまうということもあります。

どうしても手術が苦手だと感じている方も、神経をリラックスさせる鎮静法とよばれる麻酔法を組み合わせることにより、安心して手術を受けることができます。

ご不安な方は手術前の説明の際に相談してみてください。

手術後

インプラント手術後に麻酔が切れたタイミングで、痛みが発生する場合があります。麻酔が切れる前に予め痛み止めを飲んでおくと安心です。

インプラント手術は、歯ぐきを切開して骨に穴を開けるという外科的手術のため、どうしても麻酔が切れると痛みを伴ってしまいます。

このようにインプラント手術後に痛みが発生することはありますが、2~3日から遅くても1週間で痛みは治まるでしょう。もし痛みが治まらない場合は、歯ぐきが炎症を起こしているか、インプラントに不具合が起こっている可能性があります。すぐに歯科医院に相談してください。

抜糸中

インプラント手術から7~10日ほど経過したら抜糸する必要があります。その際に、わずかな痛みを感じる方もいらっしゃいます。

痛みの感じ方には個人差があります。「違和感がある程度にしか感じない」という方もいらっしゃれば「チクチクとした痛みを感じてつらい」という方もいらっしゃいます。

抜糸の痛みが不安な方は、事前に麻酔を打ってもらえないか相談してもよいかと思います。

 

インプラント手術後の痛みのピークとは?いつまで痛い?

インプラント手術中や手術後に痛みを生じることがわかりましたが、術後の痛みのピークはどのくらいで、いつまでその痛みが続くのでしょうか…。

痛みのピークは、術式の違いや人によって個人差はありますが、骨造成手術などを行っていない場合はそこまで痛みを感じることもなく、痛みがあったとしても処方された痛み止めなどを飲めば治まることごほとんどです。痛みが続く期間も個人差がありますが、早くて2~3日程度、長くても1~2週間ほどで治まります。

また、症例や個人によって腫れの程度も異なりますが、インプラント埋没手術の後に埋め込んだ部分が腫れるケースがあります。痛みとは異なり腫れのピークは術後2~3日後で、徐々に治っていき、術後1~2週間で元通りになることがほとんどです。

もし痛みや腫れが長引くようでしたら感染症などにかかっている心配もあるため、すぐに歯科医師に相談してください。

 

インプラントで痛みを感じる原因は?痛む部位・症状ごとに解説

ここまでインプラント手術において、感じる痛みのタイミングや期間をお伝えしましたが、いったい何故インプラント手術では痛みを伴うのでしょうか。

痛みの原因や症状を部位や症状ごとにみていきましょう。

歯茎が痛む

まず、術後に歯茎が痛む場合です。

インプラント周囲の歯茎の腫れや、出血、膿が出たりする場合は、「インプラント周囲炎」の可能性が高いです。

インプラント周囲炎を発症する頃には、歯茎の腫れが悪化したことによって歯周ポケットが深くなり、さらに歯垢や膿が溜まりやすくなってしまいます。
インプラントの周囲に付着した歯垢や歯石を落とし、洗浄と消毒を何度か続けていると症状が落ちつくこともありますが、放っておくとインプラントを支える骨が吸収して、抜け落ちることもあります。

インプラントを入れた部分の腫れや出血がみられる場合は、早めに診察を受けましょう。

噛むと痛む

インプラントを入れた部分が、噛むと痛むこともあります。

噛むと痛む原因は、インプラント周囲炎もありますし、インプラントが入ったことにより噛み合わせに変化が生じたことも挙げられます。インプラントの上部構造と歯茎が強く接触している可能性もあるため、この場合も早めに歯科医院に相談しましょう。

手術から数年後に痛む

インプラント手術をしてから、数年後に痛みが出てくる場合もあります。

数年後に痛みを感じる原因としては、インプラントを入れた周囲の歯にむし歯や炎症がある場合、インプラントの上部構造が緩んで噛み合わせが悪くなっている場合、数年後にインプラント周囲炎を発症している場合があります。

鎮痛剤が効かないほど痛みが強かったり、一週間以上痛みが続いたり、患部から出血がみられるようでしたら、歯科医院に相談しましょう。

 

インプラントで痛みを感じたときの対処法

それでは、インプラント部分に痛みを感じた時は、どのように対処したらよいのでしょうか…。

歯科医院を受診する

まず第一に歯科医院を受診するために連絡しましょう。

何かあってからでは遅いので、少しでも不安に感じた場合はまず相談してみましょう。問題がなければ安心できますし、何かあれば早めの対処ができます。

鎮痛薬を飲む

痛みが続いたり、耐え切れない場合は市販の鎮痛薬を飲んでいただいても構いません。飲み方を守って飲むようにしましょう。

患部を冷やす

患部を冷やすと炎症が和らぎ痛みを感じにくくなることもあります。

ただし、冷やしすぎると炎症を悪化させることもあるため、水で濡らしたタオルや解熱シートを用いて冷やすのがおすすめです。

 

まとめ

今回はインプラント治療における痛みの種類や原因、痛みへの対処法をお伝えしました。不安なく安心してインプラント治療を受けるためにも、痛みに対する方法を知っておくと良いですね。

うえの歯科医院ではインプラントに関わることをサポートしています。ご相談のみでも構いません。よろしければお問い合わせください。

うえの歯科医院 インプラント

https://www.veritas-implant.com/sp/